練習会場が変わった。(平成17年11月17日)

■今日は定例の練習日。
シャワーでは無く、久し振りの家庭風呂に入った。 と、言っても自分で沸かさなければならなかったのだが。 さて、今回から練習会場が変わったのだ。 以前の施設の隣に、適当な場所が見つかったのである。 場所は、これ迄の会議室形式では無く、正方形に近いホールであった。 気になるフロアはタイル・カーペットだったが、踊る分には不都合は無さそうである。 ただ、暖房が効いていないので肌寒い。 皆んなに連絡が付いているのだろうか、集まりが悪いのが気に掛かる。

■最初はお決まりのワルツから。
フロアが正方形なので、初級・中級組と分かれるには、やや戸惑ってしまう。 また、場所が変わったので心の準備が出来ず、LODの感覚も未だ出来ていない。 そうこうする内に、暗黙の内にスタート・LODが決まった。 そしてY先生は中級組に、T先生は初級組に携わった。 しかし、その内にY先生は初級組に、T先生は中級組に入れ替わってしまう。 は、相変わらず顔の向きについて、何度も何度も注意を受けてしまった。 でも、この癖はどうにもならない。 左・右の腕についての注意が無いのがせめての幸いである。

■休憩時間。
以前とは違い、近くの廊下に喫煙コーナーが用意されている。 換気扇では無く、機械的に処理する例のアレなのだ。 従って、辺りに気兼ね無くタバコが吸えるのが嬉しい。 しかし、何時もの話し相手がいないのはチョッと寂しい限りなのだが。

■後半は久し振りのサンバ?
初級組の連中には、初めての取り組みらしいので、マゴ付いている様だ。 しかし、中級組のも含め、もうスッカり忘れてしまっている。

サンバ・ホイスク?(L-1&2,R-2&2,L-3&2,R-4&2)
▲廛蹈爛福璽鼻サンバ・ウオーク?(L-1&2,R-2&2,L-3&2)
サイド・サンバ・ウオーク?(R-4&2)
↓を繰り返す。
シャドー・ボトフォゴス?(L-1&2,R-2&2)
トラベリング・ボルタス?(L-1&2&3&4,R-1&2&3&4)
ステーショナリー・サンバ・ウオーク?(L-1&2,R-2&2)

正式な名称は違っているかも知らないが、今のには単純なアマルガメーション?に思えた。 従って、フィガー?は直ぐに思い出せる。 が、ステップの格好が付かないのだ。 こればかりは、どうしようも無い。

■何時もより早めに終了。
ここでの決まりは、8時45分迄となっているのだ。 練習が済んでみると、寒い寒いと言っていたのが、嘘のように暖ったかくなっていた。 さて、今日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日である。 未だ開いている酒屋で、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーを買い求めた。 魚沼産コシヒカリの様に、味も分らずにブランド好みの日本人になっている自分に気付く。 帰りの外が以外と明るかった。 こんな時間だというのに、東の空には見事な満月なのだ。 暦で確かめると、旧歴では16日となっている。 矢っ張り。
(←前の第103回に戻る。→次の第105回に進む。)

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2010-05-20 (木) 18:37:49 (4420d)