久し振りのサンバ。(平成18年3月23日)

■練習日。
この日は、夕方近くになって雨模様に変わった。 そして、何時でも無く早い時間に、Y先生練習会場に到着した。 今回から教育文化センターに戻ったのだった。 しかし、常連のMさん夫妻やUさん夫妻は、お休みらしい。 それで今回の男性は私とNさん、たったの二人である。 従って、Y先生のご機嫌がナナメらしい。 今月は木曜日が5回も有り、練習会場もコロコロ変わってしまう。 メンバーは、今日は練習日だとは思っていないのだろうか。

■前半はワルツ
Y先生T先生を指名し、単純なスクエアを踊って見せた。 基本中の基本と言うことで、全員が繰り返し繰り返しシャドウを行った。 寒かったフロアだったが、汗ビッショリとなってしまう。 その後、初級組のアマルガメーション?で女性陣のお相手となった。 何しろ男性は私とNさん、たったの二人。 休む暇も無く、こなすだけの踊りとなった。 そうなるとホールド?姿勢リズム?も、いい加減となってしまう。 チョクチョクY先生T先生からの罵声が飛ぶが。 何せ、こちらは緊張感も無くなって、ダラけているのだ。 そうこうする内に、Uさんの妹さん(後発組)からの申し出があった。 熱心さが感じられたので、T先生にも見て貰いながらの特訓を始めた。

■休憩。
水分が欲しくなったのだが、持ち合わせていない。 この練習会場には自販機が無いのだ。 そこで、T先生が持参されているポットを見て、そのコーヒーをねだった。 キャップだったので「間接キスになってしまうよ。」と。 とにかく水分補給なのだ、この際どうでも良い。

■後半は久し振りのサンバ?
数ヶ月もやっていないと、スッカリ忘れている。 しかし、MさんT先生のお陰で何んとか思い出したが。 簡単な筈のステーショナリー・サンバ・ウオーク?でさえ戸惑ってしまうのだった。 その前のトラベリング・ボルタス?がいい加減だったから、上手く続かないのか。

サンバ・ホイスク?(L-1a2,R-2a2,L-3a2,R-4a2)
プロムナード・サンバ・ウオーク?(L-1a2,R-2a2,L-3a2)
サイド・サンバ・ウオーク?(R-4a2)→↓を繰り返す。
シャドー・ボトフォゴス?(L-1a2,R-2a2)
トラベリング・ボルタス?(L-1a2a3a4,R-1a2a3a4)
ステーショナリー・サンバ・ウオーク?(L-1a2,R-2a2)

Mさんと組んで、一連の動きをやってみる。 ところがY先生から、ご指摘を賜ることになる。 プロムナード・サンバ・ウオーク?では、ヒップ・モーションを出すために「頭の上下運動」をしてはいけない、とおっしゃるのだ。 更に「1a2(ワン・ア・ツゥ)」の2(ツゥ)では、8センチぐらい戻すので、余り進まないと言う。

■終了。
Fさんより、プリントの催促が有った。 数ヶ月前(12/4)の「魅惑の舞踏会」の写真である。 忘れていた訳では無いが、随分と日にちが経ってしまっている。 何んだかんだと言い訳をしながら、その場をニゴした。 内心では、プリント代が意外と高いので躊躇(ちゅうちょ)しているのだった。
(←前の第116回に戻る。→次の第118回に進む。)

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2010-05-20 (木) 18:59:40 (4420d)