リーダー不在?(平成18年8月24日)

■例によって、暑い日が続いている。
今回から、どうした風の吹き回しか家内が連れ立って行くと言う。 従って、やや早めに練習会場に向かった。 既にMさんが、準備をしていらっしゃったので、家内の一件を説明した。 取り敢えず、見学と言う名目なのだが、実際にはシューズを持参しているのだった。 やがて、Mさん夫妻やら、Uさん夫妻やらの顔ぶれが揃った。 家内は、自主的にウォーキング?を始めながら、練習に備えた。 何しろお盆休みで、体が鈍ってしまっている。

■ところが…、
何時まで経ってもY先生が現れないどころか、T先生も姿を見せないのだ。 どうしたのだろうか。 仕方が無く、各自が前回の復習を行うことにした。 女性陣は、ワルツはともかくタンゴが、なかなか思い出せなくて困っているようだ。 ましてお盆休みを挟んでいるので、サッパり要領を得ないのだった。 そんなドサクサ時間を利用し、家内に特訓を始めた。 無理やり、ワルツの初級アマルガメーション?を覚えこませた。 どれもギコチないのだったが、何しろ即席なので仕方がない。 ダブル・ロック?以外は何んとか着いて来たので、そのダブル・ロック?部分をUさんに教えを乞う。 には女性の足型は分らないので。

Mさん(♂)の合図で、休憩時間となった。
最近は、Yさん?のご家族が姿を見せなくなったので、Mさん(♂)に伺ったところ、 何んかの事情により、年内は練習を休止されるらしい。 多分、娘さんが高校受験のためだろうか。 寂しい限りだが、仕方が無いだろう。 しかし、来月からは新人の女性が仲間入りされる噂もあり、別の意味での活性化が期待できると思うのだった。

■後半は、何時ものルンバ
の筈なのだが、何んだかんだで烏合の衆になってしまっている。 リーダー不在では、練習が上手く進行しないのだった。 そんな時間を幸いにと、家内ルンバの単独練習をしかけた。 そうこうする内に、Mさん夫妻のリーダーシップで、何んとか全体練習らしくなった。 Mさん(♂)のルンバは、かなり詳しいく、細かい部分まで良くご存知でいらっしゃる。

■ようやく練習終了。
今回は先生方がいらっしゃらないので、練習会場の予約時間が過ぎたことに気付かないのだった。 ここは公共施設なので、ルールにはうるさいのである。 練習開始と練習終了の挨拶が無かったと言うので、以前に注意を受けた経験がある。 従って内心、ヒヤヒヤしていたのだが、定刻を少々過ぎた頃に、それぞれが暗黙の内に終了したのだった。 そして、実は今月は5回/月なので、次回の会場予約が出来ていないらしい。 どうのこうので結局、例のいきいき元気館での自主練習と決まった。
(←前の第131回に戻る。→次の第133回に進む。)

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2006-09-03 (日) 22:00:31 (5775d)