可愛い取材さん。(平成15年11月20日)

■家に帰ると、「アロワナが死んだ。」と母が言う。
息子が飼っている巨大な熱帯魚*1である。 聞いても、どうにもならないので、練習会場へ向かう。 Y先生が一番乗りらしい。続いてMさん。 今日はIさんI君の姿が見えない。 また、メールで約束していたY新聞系*2の可愛いい取材さん*3も現れた。 私は彼女に「適当に見学しながら取材して。」と伝えた。

■前半は、スタンダード
まずワルツシャドウで復習。 Y先生の提案で、何時ものスタート位置を変えてみる。 何んか違和感が有り、全員が戸惑っている様子だ。 取材さんは、私達のそんな気持ちにも構わず、冷静に写真を撮っている。
続いてタンゴ。 一通りのシャドウの後、今回は新たなフィガー?が加わった。 バック・オープン・プロムナード?(SQQS・SQQS)と言うらしい。 フォーラウェイ?フォー・ステップ?から続けるのである。 Nさんも分からずじまい。 上手なYさん?が指名され、全部の女性陣とお相手をさせられていた。

■取材さんが帰られると言う。
Y先生から全員に紹介され、この訳を説明された。 その後、は例によってロビーで喫煙タイム。 そこへNさんが降りて来た。 が何時もここにいるとは、Nさんはこれ迄、気が付か無かったと言う。 そして雑談の途中、こっそり中抜けの女性から挨拶を受けた。 どうやら今日は、恵比須講が有るらしい。

■後半はラテン
まず、ルンバの拍子の取り方である。 Y先生は何時もなら「ツー・スリー・フォーワン」と呼称していたが、 今日は特別に「1234」→「-234」→「-2341」と、そこに至る迄の経過を教えてくれた。 は、かねがね思っていた通りだったので、ひとまず安心した。
呼称とステップが馴染んだところで、チャチャチャ?に移る。 「ツー・スリー・チャチャチャ?」である。 私は「ワン・ツー・チャチャチャ」*4だと思うのだが、 ルンバに合わせないと戸惑うから、方便としているのだろうか。 でも、この疑問はそのうち解決するだろう。 そして、今回はスリー・チャチャチャ?が新たに加わった。 ニューヨークの後半でスリー・チャチャチャ?にアレンジされ、 スポット・ターンに移るのである。

■次回は自主練習と言う。
最近は、定刻になっても集まりが悪いので、Y先生に良くないとの事で、 Mさんから全員に注意が有った。 また、高岡でダンス・パーティ?(月末の土曜日)が有るので参加しないかと、 Mさんから誘いを受けたが、はもう少し様子を見ようと思い、返事を保留とした。 そして帰り際、Y先生に出会ったので、私は例の取材の件について、お礼を伝えた。
(←前の第33回に戻る。→次の第35回に進む。)

関連ページ


*1 5〜60cmは有るだろう。
*2 Y売新聞。
*3 Y崎さん。
*4 子猫のチャチャチャ、にっぽんチャチャチャ。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2006-08-26 (土) 07:44:14 (5784d)