技術より色気?(平成17年4月21日)

■久し振りの練習である。
は3K(きつい・汚い・危険)な仕事なので、さっと風呂に入った後、練習会場へ向かった。 前回の自主練習いきいき元気館)をサボったので、後ろめたい気持ちで行き辛いのだったが。 しかし、男性陣のNさんUさんの顔をみて一安心。 その会場に、見知らない夫婦が現れた。 どうやらY先生とは知り合いらしい。 今月は見学で、来月から練習に加わって欲しいと、おっしゃっていた。

■前半はワルツ
ワルツ・ウォーク?から始まるが、例によってY先生からこっぴどく指摘を受ける。 しかしには、どうにもならないのだが。 そして、そんなを見かねたTさんからの優しい指導が加わった。 Tさんはおだて上手なのか、悪い気はしないものだ。 でも、出来ないものは出来ないまま。 続いてY先生は、Tさんと組んでデモを行う。 後に続いて、全員でのシャドウ練習に移るが、にとってはサッパリ付いて行けない。 特に、

予備ステップ?
ナチュラル・スピン・ターン?リバース・ターン?の後半
フォーラウェイ?(12&3)→ダブル・リバース・スピン?(12&3)

辺りの↓が特に分からない。 Y先生は相変わらず熱心に、女性陣を指導なさっているのだ。 は仕方なく、Uさんに教えを乞うが、分らないものは分らない。 そんな中、Y先生が気まぐれなのか、例の女性の見学者を踊りに引き込んだ。 しかし、あの難しいダブル・リバース・スピン?を難なく踊ってしまうのだった。 彼女は凄い、出きる。

■そして休憩。
Uさん(♀)からウーロン茶を勧められた。 年寄りに必要な、意識的な水分補給である。感謝感激、雨あられ。 休憩時間には未だ余裕があったので、一人こっそりダブル・リバース・スピン?を試みる。 しかしサマに成らず断念する。

■後半はサンバ?
全員でのシャドウ練習が続いた。 その後、Y先生の指示によって、Aさんと組んで踊ってみた。 もちろん、女性と組んで踊ったのは、これが最初である。

サンバ・ホイスク?(L-1a2,R-2a2,L-3a2,R-4a2)
プロムナード・サンバ・ウオーク?(L-1a2,R-2a2,L-3a2)
サイド・サンバ・ウオーク?(R-4a2)→↓を繰り返す。
シャドー・ボトフォゴス?(L-1a2,R-2a2)
トラベリング・ボルタス?(L-1a2a3a4,R-1a2a3a4)
ステーショナリー・サンバ・ウオーク?(L-1a2,R-2a2)

と覚えたつもりだったが、Y先生からぁ銑イ可笑しいと指摘が入った。 しかしは、初めて踊れた、と言う気持ちなので、悪い気はしない。 更に、Y先生から全員に対し、バウンズ・アクション?ヒップ・モーションの指導が始まった。 この辺りは、女性陣の方が熱心らしい。 こんな場合、技術より色気の方が勝つのだ。

■ともかく練習が終了した。
定刻より少し早めだったが、Y先生の合図で終わった。 気が付いてみると、例の見知らない夫婦も、最後まで付き合っていたのだった。 是非、達のサークルに加わって欲しいものである。 そしてシューズを履き替え、帰路に向かう。
(←前の第82回に戻る。→次の第84回に進む。)

関連ページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2010-05-20 (木) 19:01:14 (4420d)