#contents

***HTMLについて [#caa0803c]
■現在では、いろんなブラウザが有るものの、殆んどがMSIE6である。
[[ブラウザ]]による違いは気にせず、ページを作成している。~
以下の通り、StyleSeetやJavaScriptを使い、ワン・パターンである。

■おまじない部~
 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

■ヘッダー部~
 <HTML lang="ja">…おまじない
 <HEAD profile="../bunkazai/index.html">…自分のため
 <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
 <META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
 <META http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
 <TITLE>氷見の文化財</TITLE>
 <LINK rel="stylesheet" type="text/css" href="../css/body.css">…以下、StyleSeet
 <LINK rel="stylesheet" type="text/css" href="../css/brown.css">
 <SCRIPT src="../script/function.js"></SCRIPT>…JavaScript
 </HEAD>

■ボディ部~
 <BODY>
 <BASE target="_self">…忘れ易いので
 <A name="トップ"></A>…ハイパー・リンクのため
 <H4 class=rev align=center>氷見の文化財</H4>

■フッター部~
 <A name="ラスト"></A><BR>…以下、ワン・パターン
 <SCRIPT src="../menu/footer.js"></SCRIPT></H4>
 <SCRIPT src="../menu/menubar.js"></SCRIPT>
 </BASE>
 </BODY>
 </HTML>

***関連ページ [#t817bebb]
#related

トップ   編集 差分 バックアップ ファイル添付 複製 名前変更 リロード   新規 ページの一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS