野菜


 

アスパラガス

  • 分類体系によりユリ科ともクサスギカズラ科とも言われている。
  • 多年草。アレロパシー効果(連作障害または混植)があるらしい。
    食用部分はブロッコリーのように、アントシアニン色素により紫色になっても、加熱すると緑色に変わる。

栽培のイメージ

  • 以前、種から作ったことがあるが、今回は株(品種名:ウエルカム)を買ってきた。
    雌雄異株らしいが、育ってからでないと見分けがつかない。
    (雌株は、太い茎だが本数は少ない。雄株は細い茎だが、本数が多く多収。)
    花も実も見られないので、どうやら雄らしい。市場では雄株が主流らしい。
  • LLサイズは二つに割って、ジャンボ・サイズは三つに割って植えた。
    とにかく根がモップみたいだったので、大きな穴を掘った。
 
asparagus.png
 
  • 乾燥もダメだが、過湿に弱く水分が多いと根腐れを起こすので、水のやりすぎにはご注意。
  • 丈が140cm以上にならないように、摘芯(刈取る)する。

施肥のイメージ

  • 元肥はワンパターンにしようと思ったが、菜種油粕を入れ忘れていた。
  • 酸性に弱いので、pHも高いか中性が良いらしい。
    とにかく生育状況で判断し、追肥ようりんなど)で誤魔化そう。
  • 発芽前(3月頃)、収穫中(5~6月頃)、収穫後(7月頃)に追肥を行う。

収穫のイメージ

  • どう収穫すれば良いのか分からない。
    初年度なので、とりあえず株を育てて見ようか?
  • 翌年、太いのが出てきた。
    家内は根こそぎ採ってしまうので、必ず何本か残せといっているのだが。(立茎という。)
    心配無用、成長が早いのでその内、取り忘れて大きく伸びてしまう。
 

YouTube

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-28 (火) 20:14:21 (2616d)