寒さ対策
就寝


 

湯たんぽ

  • よっぽど寒ければ、仕方が無い。
    • 100Vでピーっと警告(10分ほど)が出るまで蓄熱する。
    • 充電式といっているが実は蓄熱式、充電池が入っているわけでは無い。
 
pillow.png
  • 付属のカバーだけだと持続時間(1~2時間)が短い。
    何かに包んでシュラフ内に入れれば、暖かさが持続するかも。
  • でも、もう少し熱容量が欲しいところ。
    DIY店なら大きいのを選べば良いだろう。
  • 昔ながらの湯たんぽも捨てがたい。
    余裕が有れば「ロゴス」の湯たんぽ。

関連ページ



トップ   ページの編集 凍結する 差分 バックアップ ファイルを添付 複製 名前を変更 リロード   新ページを作成 ページの一覧 単語を検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-24 (金) 23:04:31 (912d)